ナースフルの利用をお薦めしたい方について

どのような方がナースフルを利用する価値がありますか?

本当に身につけたいことが、現在の科目では習得不能な場合

ナースの方が入職したとき、希望する科目に行けない、と言うことはよくあります。

 

たとえば、ナース一年生で精神科に入った看護師の方の例を挙げます。
精神科の場合、注射をしたり、貼る・切るといったことはめったにありません。
薬の使い方、内服の確認など、あるいはその方にとって最適な療養の環境をいかに整えるか、という部分が、看護にとって大きなポイントになると思います。

 

もしその人が他の科を希望している場合、技術を習得できない、というストレスはかなりあるようです。
「このままでは、私は他の科で看護師としてやっていけない」と言うストレスを持ってしまうことになります。

 

その後3ヶ月くらいの時点で、外科に行きたい、と言う希望を出したけれど、看護師の人員の配置は決められていて、希望が通らずに、その病院を一年で辞めた、という人もいます。

 

そのような方にこそ、ナースフルを利用していただきたい、と感じています。

 

なぜなら、その方の希望は「精神科」ではなく、「外科」だからです。
普通に転職先を決めてしまうと、また同じように、自分が思う技術をほとんど習得できない職場に配属されてしまうかもしれません。

 

自分ではなかなか見つけることが出来ない、希望する科目についての求人をご紹介できます。
本当に働きたい科を、確実に探してくれるわけです。

 

今いる病院に、やりたいことがない場合

たとえば大学病院などは、近隣の病院、診療所などの連携の強化を図る、地域連携というものをしています。
地域連携室、総合相談室のようなものはありますが、実際に訪問看護のサービスはしていません。

 

最近では、在宅看護をやりたい、と言う看護師が増えていて、看護学生が実習において家で生活をされている患者さんの看護を体験した後に、訪問看護への希望が多いそうです。
ですが、訪問看護は最低でも5年は経験してから、ということになっています。
ところが、実際に5年経験してみると、病院がいいかな、と思う人もいます。

 

また、最初は大学病院に入って、その中で経験をつんでから、在宅看護をしたい、と言う人もいます。
でも、大学病院には在宅看護はなく、それがある病院に転職をする、と言う人もいます。

 

そのような場合でも、ナースフルに科の希望を伝えておくことで、優良な求人の中から最適なものを提供してくれます。

 

 

>>すべて無料!ナースフルの詳細はコチラをクリック<<