看護師転職 面接

看護師転職では、高いポイントになる面接

営業や事務など、ほかの職種と比べると、看護師は面接で採用が決まることが多いんです。
ですから、事前にきちんと対策をしていくことが、採用される重要なポイントになります。

 

看護師転職の面接で、服装はどうすればいいの?

面接のときに着る服装についてですが、派手なものやファッション性を重視したものは避け、清潔感を感じさせる落ち着いた感じの色のスーツ、またはジャケットなどが最適です。
よくわからない、というあなたは、「リクルートスーツ」等のような販売をされているものを選びましょう。
目立つアクセサリーなどはつけないほうがいいでしょう。

 

メイクはナチュラルを意識して、派手にならないようにします。

 

面接の受け答えについて

面接は、いくつかの質問をされて、それに答える、という場合が多いです。
本番で緊張しないために、質問されそうなこと、そしてそれについての回答を前もって準備しておくと安心できます。

 

面接でされることが多い質問

ここで、面接のときに面接官からされることが比較的多い質問をご紹介します。

 

看護に対して、どう考えているのか

「看護師を目指した理由は何ですか?」「どのような看護師になりたいのですか?」「看護師として、あなた自身が大切にしていることは?」など、あなた自身の看護の考えについては、面接のときに最も重要視されます。
このような質問に、自分の言葉で答えられるよう、考えをまとめておきましょう。

 

実務経験について

面接のときには、すぐに現場で発揮できる力があるのか、という点も見ています。
「何が即戦力としてできるのか」「看護の技術に対して、何をどのくらいできるのか」などに対して、今までの経験について整理しておきます。

 

なぜこの病院を選んだのか

どんな点が自分にあっていると思ったのか、病院を選んだわけについても、あなた自身の言葉で答えられるようにしておきましょう。

 

退職した理由について

なぜ退職したのか、聞かれる場合があります。
介護、そして育児や療養等の場合は、話してもいいでしょう。

 

ですが、「給料が安かったから」「残業が多いのが耐えられなかった」「人間関係に疲れた」などについては、もしそれが本当だったとしても話してはいけません。
面接官が、あなたに悪い印象を持ってしまいます。
さらに自分を高めるための、前向きな気持ちでの退職、という点を伝えると、良い結果を出せるでしょう。

 

最後に

面接の終わりのほうで、面接官から「何か質問は無いですか?」と聞かれることがあります。
自分をアピールするチャンスですので、2〜3つほど質問を用意しておくといいでしょう。
質問する内容は、職場の雰囲気や、仕事内容についてなどもいいです。
休みのことや、給料については、そのことばかり質問すると良い印象を与えないです。

 

聞きにくいことはナースフルにまかせて

給与の面などは、面接時に聞きにくいものです。
ナースフルなら、言いにくい給与のことなどについて、キャリアアドバイザーがあなたに代わって交渉します。

 

 

>>すべて無料!ナースフルの詳細はコチラをクリック<<