ナースフルでなりたい自分になる

転職することで、彼女のようにうまくいく場合も多いんです!ナースフル登録でさらによいものを見つけられるはず!

ナースフルは、首都圏の看護師転職にとても強く、その地域専門のキャリアアドバイザーがいて、登録をしたナースの方に本当に合った仕事を見つけてくれます。

 

今回、首都圏でずっと働いている、あるナースの方に、直接話を伺う機会がありました。
ここでは、何度か転職をされて、今ではやりたかった手術室で、満足できる仕事をされている看護師のAさんの話をご紹介します。

 

Aさんのように、職場を変えたことで、納得できる仕事に出会える場合も多いんです。
ナースフルを利用することは、その職場先を本当にあなた自身にぴったり合ったものを探し出してくれて、このAさんという看護師の方と同じように、自分自身が本当にこれだ!と感じる仕事に出会えることになります。

 

Aさんの実体験

さて、この方は、新人時代に怖い先輩がいたそうで、声が聞こえるだけで耳鳴りがしたり、体が拒否反応を起こすほどだったそうです。
その先輩の教え方が怖く、働いて一年目の頃には、そんな先輩たちが多くいたそうなんです。

 

彼女が新人だった昔は、今と違って理不尽なことでも耐えて我慢しなければいけなかったようです。
この方の話では、今の新人ナースの方は、叱るとすぐにやめてしまう人も多いらしいんです。
ただでさえ看護師不足の現代だから、あまり叱れなくなってきている傾向があるそうです。

 

この方が最初に病院をやめたのは、3年目の時。
ちょうどプリセプターをしていましたが、そのときに何か疲れてしまった、と話してくれました。
このAさんだけでなく、周りの人の中でも、3年、5年で辞めていくナースが多かったようで、その理由として考えられるのが、奨学金制度があり、3年働くと免除になる、ということが大きいのかも、と話しています。

 

また5年目は、ほとんどの病院で5年目が教育制度が一区切りつく、ということからでしょう、とのことです。

 

最初の転職は、クリニック

さて、Aさんはその後、クリニックに転職しました。
そのときは、今働いている手術室みたいに目的をきちんと持って就職をしたわけではなくて、ただそのときの職場をやめたくてしょうがなく辞めたそうです。
でも、食べていくためには何かしないといけない、と思ってクリニックで働くことにしたそうです。

 

モチベーションが保てず、これじゃいけないと思いつつだらだらと時間が過ぎていく、こんな日々をすごしていました。
そんなときに、他のことがやりたくなったそうです。

 

そのクリニックだと、毎日同じことを繰り返すような仕事内容だったそうです。
でも、特にやりたいことが見つからないな、と思っていたら、そのまま2年が過ぎていたとか。

 

興味があった手術室へ

学生の頃には、手術室に興味はありましたが、貧血もあって、体力に自信が無いのが理由であきらめていたそうです。
クリニックでの繰り返しの日々の中で、やりたかった手術室に、もう一度挑戦してみようかな、と思って、その道に進もうかな、と考えたんだそうです。

 

そして、念願の手術室へと転職。
手術室はずっと立ちっぱなし、というイメージがあったそうですが、実際に手術室で働いている今は、そんなことは感じないそうです。

 

このAさんは、麻酔科の先生がいつも待機していて、人工呼吸器もあるから、手術室はとても恵まれていて、安全な職場だと感じています。
病棟のときだと、夜勤の時に患者が急変したら、まず当直医を呼んで、その後主治医に来てもらい、呼吸器は無くほかの場所から持ってこないといけなかったりして、とても怖い時間だった、といいます。

 

首都圏は理想の環境

首都圏でずっと働いてきたAさんは、多くの仕事の中から選べるのが、首都圏の魅力だと話しています。
病院やクリニック、訪問看護師など、多くの仕事がある首都圏は、勤務状況がとても厳しく、仕事先も限定される彼女の地元よりとても魅力が高いんだそうです。

 

 

ナースフルなら

首都圏であなたに最も合う仕事先を見つけるなら、ナースフルが最適です。
特に、上京ナースに対してのサポートが優れていて、面接のときに必要な旅費を負担してもらえたり、寮が完備されている求人も揃っていて、安心して転職ができます。

 

 

>>すべて無料!ナースフルの詳細はコチラをクリック<<